留学

山積みの教科書とモルタルボード

提供情報

基礎データ(全カテゴリー共通)

殺人、強制性交(レイプ)、強盗、傷害・暴行、侵入強盗、窃盗、自動車窃盗、ドラッグの犯罪・リスク統計

目的別オプションデータ

留学:キャンパス内の犯罪に関する統計

プラン

※ベーシックとシルバーにおける選択可能都市は、以下に挙げる在留日本人人口の多い上位50都市に限ります。

ロサンゼルス、ニューヨーク、サンフランシスコ、サンノゼ、サンディエゴ、シアトル、シカゴ、アトランタ、ノバイ、ヒューストン、ダラス

(2020年統計より)

ベーシック

選択した1都市とその都市が含まれる州の過去1年間の犯罪統計を提供します。

8,250円(税込)

<総犯罪率>

比較対象

選択した都市の年別人口10万人当たりの罪種別犯罪率を日米平均、米国平均と比較します。

日本   ①全国 ②お客様が選択した都道府県

アメリカ ③全土 ④お客様が指定した市 ⑤④の市がある州 ⑥任意の大学

合計6つのデータを比較することができます。

*1重要犯罪:殺人、強盗、放火、強姦、略取・誘拐及び強制わいせつをいう。  参考:警察白書

*2暴力犯罪(Violent Crime):殺人、過失致死、強制性交、強盗、暴行を含む。 参考:FBI

*3認知件数:警察等捜査機関によって犯罪の発生が認知された件数をいう。   参考:犯罪白書

10万人あたりの重要・暴力犯罪者数グラフ

A州の10万人当たりの重要・暴力犯罪者数は50州中28位

データ参照先

日本 犯罪統計 警察庁

アメリカ FBI — Crime in the U.S.  National Highway Traffic Safety Administration

<罪種別犯罪率>

※傷害・暴行は日本との比較までとなります。

※ドラッグは全米、日本、データが入手可能な州の2つ、あるいは3つの比較です。調査されている人口あたりの数値で計算しています。

<地域別犯罪構成>

地域ごとの犯罪構成を比較します。どんな犯罪が多いかを知ることで、気を付けるべきことがわかります。

※米国市町村別、州別はドラッグの情報を含みません。

※ドラッグ情報の有無は州によって異なります。

※都道府県別では暴行、ドラッグの情報を含みません。

<性犯罪者検索>

FBIのウェブサイト上にある検索機能を用いて、居住予定の住所付近半径3 mile(約4.8km)内の犯罪者の詳細と、犯罪者人口密度(人/km²)を表示します。犯罪者の詳細(名前や顔写真)については貼付のリンクからご覧いただけます。

Ex) Florida, Bartow, 2390 Bob Phillips Roadの場合

検索結果:within a distance of 3 miles:148 records from 2 jurisdictions

<平均所得>

選択した米国の1都市と、その都市が含まれる州の過去1年間の平均所得を表示します。

その地域の収入と危険度は一見関係ないように見えますが、実は経済状況が悪ければ犯罪率が上昇し、良ければ犯罪率は低下することがいくつもの研究で実証されています。その地域が安全かどうかを知るには、所得も1つの指標として見る必要があるのです。

EX)

データ参照先:United States Census Bureau

<総合評価>

  • 重要・暴力犯罪者数
  • 基礎データ(殺人、強制性交(レイプ)、強盗、傷害・暴行、侵入強盗、窃盗、自動車窃盗、ドラッグ)のリスク統計
  • キャンパス内の犯罪(オプション)

上記それぞれの面積当たりの犯罪リスク統計を提供します。

※最新の1年間の犯罪動向は過去と傾向が変わっている可能性があります。そのため過去1年間のみ情報を提供するベーシックよりも、3都市の情報が3年分取得できるシルバー及びゴールドのプランを推奨しています。

シルバー

16,500円(税込)

選択した3都市と、その都市が含まれる州の過去3年間の犯罪統計犯罪統計を提供します。

<総犯罪率>

提供情報に含まれる罪種における、人口10万人当たりの重要犯罪*¹(日本)と暴力犯罪*²(アメリカ)の認知件数*³を比較します。

比較対象

日本   ①全国 ②選択した都道府県

アメリカ ③全土 ④選択した市A ⑤選択した市B ⑥任意の大学 ⑦④~⑥の市がある州

合計7つのデータを比較することができます。

*1重要犯罪:殺人、強盗、放火、強姦、略取・誘拐及び強制わいせつをいう。  参考:警察白書

*2暴力犯罪(Violent Crime):殺人、過失致死、強制性交、強盗、暴行を含む。 参考:FBI

*3認知件数:警察等捜査機関によって犯罪の発生が認知された件数をいう。   参考:犯罪白書

データ参照先

日本 犯罪統計 警察庁

アメリカ FBI — Crime in the U.S.  National Highway Traffic Safety Administration

<罪種別犯罪率>

選択した3都市の年別人口10万人当たりの罪種別犯罪率を日米平均、米国平均と比較します。

殺人

強盗

侵入強盗

自動車窃盗

強制性交(レイプ)

傷害・暴行

窃盗

ドラッグ

<地域別犯罪構成>

地域ごとの犯罪構成を比較します。どんな犯罪が多いかを知ることで、気を付けるべきことがわかります。

※米国市町村別、州別はドラッグの情報を含みません。

※ドラッグ情報の有無は州によって異なります。

※都道府県別では暴行、ドラッグの情報を含みません。

<性犯罪者検索>

FBIのウェブサイト上にある検索機能を用いて、居住予定の住所付近半径3 mile(約4.8km)内の犯罪者の詳細と、犯罪者人口密度(人/km²)を表示します。犯罪者の詳細(名前や顔写真)については貼付のリンクからご覧いただけます。

Ex) Florida, Bartow, 2390 Bob Phillips Roadの場合

検索結果:within a distance of 3 miles:148 records from 2 jurisdictions

<平均所得>

選択した米国の3都市と、その都市が含まれる州の過去3年間の平均所得を表示します。

その地域の収入と危険度は一見関係ないように見えますが、実は経済状況が悪ければ犯罪率が上昇し、良ければ犯罪率は低下することがいくつもの研究で実証されています。その地域が安全かどうかを知るには、所得も1つの指標として見る必要があるのです。

データ参照先:United States Census Bureau

<総合評価>

  • 重要・暴力犯罪者数
  • 基礎データ(殺人、強制性交(レイプ)、強盗、傷害・暴行、侵入強盗、窃盗、自動車窃盗、ドラッグ)のリスク統計
  • 交通事故死者数(オプション)

上記それぞれの面積当たりの犯罪リスク統計を提供します。

<2020>

<2019>

<2018>

ゴールド

41,250円(税込)

特徴

  • 居住予定地が決まっていない方向け
  • 30分間のカウンセリング付き(時間超過は6分につき8.250円
  • 好きな都市を好きなだけ選択可能
  • 犯罪発生率の高い施設や時間帯など、米国における安全・犯罪対策の情報がわかるパンフレットの提供

シルバープランよりさらに多くのデータを比較することができます。

具体的なイメージについては、シルバーのサービス内容からご確認ください。

前の記事

駐在