危機管理・保険

危機管理・保険

米国でドローンを飛ばす

もし米国に住んでいて、最近、流行りの無人操縦航空機システム(通称「ドローン」)を購入したとしたら、ドローンの使用に関する米国のルールや規制を知っておくべきだ。 米国では、全ての飛行(それが飛行機、ヘリコプター、ドローンであっても)を、米国連...
危機管理・保険

蓄えを守るには

この不確実な経済状況の下で、多くのアメリカ人は401(k)明細を開けるのが怖く、マットレスの下以外の何処に退職用の蓄えをしまっておくべきか悩んでいます。法律は高収益を保証せず、最も安全な株の選択を手伝ってはくれませんが、転職したり、雇用主が...
危機管理・保険

ゲストの飲酒運転:酒場(ドラムショップ)・パーティー主催者責任法

日本でも飲酒運転の罰則が強化されていますが、被害者を考えると当然の措置でしょう。アメリカでも飲酒運転の相談を受けますが、同様に深刻な結果を招いてしまいます。裁判になれば罰則は厳しく、国外退去や入国拒否の理由にもなり、誰かが怪我をすれば収監も...
危機管理・保険

軍人の家族と信用記録の保護

あなた自身、又は家族の誰かが派兵の準備中ならば、個人情報の窃盗は一番避けたい問題です。連邦取引委員会の調査によると、2005年に、830万人のアメリカ人が、この犯罪の被害者となっています。被害者はIDと信用枠を元に戻すのに平均4時間かかっ...
危機管理・保険

訴訟から財産を守る準備

買い物帰りに運転していたら、急に子供が道に飛び出してきたとします。子供を避けようとして、他の車にぶつかってしまいました。お分かりのように、その運転手は高額な医療費と車の修理費を裁判で請求してきます。家屋も取られてしまうのでしょうか?退職用の...
危機管理・保険

引退用の別荘購入

定年間近になると、多くのアメリカ人はファイナンスについて考え、どこに投資し資産を移動させるか考え始めます。大切な退職準備の一環として、別荘の購入をする人もいます。上手く準備すれば、とても価値のある重要なオプションになりえます。 別荘購入を...
危機管理・保険

万引きの冤罪

支払後にお店を出るとき、警報が鳴り出した経験のある人がほとんどでしょう。何も盗んでないのはわかっていますし、たいていは、店の中に呼ばれて、店員が購入品から外し忘れた盗難防止装置を取り外してくれます。しかし、そう上手くいかなかったらどうでし...
危機管理・保険

海外旅行と法律

海外旅行は、初めての場所を見、違う言葉を話し、文化について学べるわくわくする冒険です。しかし、法律問題は、不要な冒険です。何もしていなくても、外国での逮捕や拘留の可能性を非常に深刻に考えるべきです。出発の前に何をすべきか理解し、権利を知り...
危機管理・保険

派兵の準備

愛する人が従軍していれば、軍隊生活の心配事はわかっているでしょう。次の勤務地はどこか、次の派兵はいつか、次に家に電話がかかるのはいつかなど、多くの不確実性にあふれている生活です。しかし、法的及び財政的責任を果たしていれば、将来の派兵の準備...
IT法

子供とオンライン・ソーシャル・ネットワーク

小学生から高校生までの子供の親であれば、マイスペース、フェイスブック、又はフレンスターといったオンライン・ソーシャル・ネットワークのいずれかをよく知っているでしょう。子供たちはこれらのネットワークで、面白い自己紹介、老若の友人との連絡、そし...
タイトルとURLをコピーしました