雇用法・労働法

雇用法・労働法

選挙シーズン

キャンペーン・シーズンがたけなわなのは、明白な事実です。しかし、2008年の選挙までは1年もあり、長いキャンペーンになります。それでも、本当に心配しなければならない唯一のものは投票です。投票は最も重要な市民の義務の1つですが、最近の投票率は...
雇用法・労働法

移民の採用

新しく社員を雇うとき、事業主は仕事に最適な人を選ぶというだけではなく、合法的に採用するように注意しなければなりません。候補者が移民であれば、雇主は、アメリカ市民への民族性に基づく差別とならないようにする一方で、合衆国で働く許可を得ていない者...
雇用法・労働法

帰化予定者の定義

帰化予定者とは、帰化の手続きを進めているが、まだ帰化していない移民であって、 かつ 永住目的で合法的に米国に入国している(グリーンカード保持者) IRCAの合法化プログラムの下、米国内での短期の居住を認められている 移民・帰化...
雇用法・労働法

軍務休職

合衆国の兵士は、世界中の130近い国々に配置されています。そこで男女の兵士は、戦闘から平和維持のための外国軍隊とのトレーニングに至るまで、幅広い任務を果たしています。多くのアメリカ人は、兵役に就くために民間の仕事を休職しなければなりませんが...
雇用法・労働法

問題のある採用基準

かつて特定のグループへの差別だと判断された雇用基準の例として、 身長と体重(女性や特定の民族グループに対する差別) 英語の堪能さ(特定の出身国の人に対する差別) 逮捕と有罪判決歴(特定の人種や民族グループに対する差別) 差...
雇用法・労働法

採用の仕方

零細企業による新入社員の採用は、法律上問題が多いプロセスです。連邦政府と大部分の州は反差別法を規定し、人種や肌の色、宗教、出身、性別、妊娠の有無、年齢、障害、組合との関係、退役軍人かどうかに基づく、採用と雇用における差別から応募者と従業員を...
雇用法・労働法

未成年労働と法律

夏休みには、何百万人もの若者がレストラン、店舗、オフィス等で働きます。学校に通う傍ら、融通が利くアルバイト(ベビーシッターや庭仕事など)をする若者も多くいます。しかし大部分の若者(とその親たち)は、連邦法が18歳未満の人達に対して勤務時間制...
雇用法・労働法

若年雇用統計

国立職業安全研究所は、毎年210,000人を超えるアメリカの子供が仕事中に負傷していると推計しています。 なお労働省によると、2005年に16歳及び17歳の30%が雇用されていました。
タイトルとURLをコピーしました