若年雇用統計

雇用法・労働法

国立職業安全研究所は、毎年210,000人を超えるアメリカの子供が仕事中に負傷していると推計しています。

なお労働省によると、2005年に16歳及び17歳の30%が雇用されていました。

タイトルとURLをコピーしました