問題のある採用基準

雇用法・労働法

かつて特定のグループへの差別だと判断された雇用基準の例として、

  • 身長と体重(女性や特定の民族グループに対する差別)
  • 英語の堪能さ(特定の出身国の人に対する差別)
  • 逮捕と有罪判決歴(特定の人種や民族グループに対する差別)
  • 差押さえ記録関係(特定の人種や民族グループに対する差別)

などがあります。

ただ忘れてはならないのは、こういった基準が仕事を問題なく遂行するために必要な条件であると証明できれば、雇用主はかかる基準を利用して良いということです。

タイトルとURLをコピーしました