遺言・信託

遺言・信託

相続計画の見直し

アメリカで生活をしていると、日本にいるときよりも身近な身寄りが少なく、万一のときの遺産がどうなるか心配する人は多くいます。また、折角遺言を残しても、求められる手続きに従っていなければ、法的に効果がない場合もあります。事前によく準備しておけば...
遺言・信託

相続は、準備よければ全てよし

家族のためにできる最高の贈物は、相続の準備を今始めることです。万一のとき家族が困らないように弁護士と相談して遺言を作成したり、信託を残したりできます。本稿がきっかけとなり、相続を計画して、あなたの望みが実現され、財産の分配が思い通りに実現さ...
遺言・信託

遺言と責任

遺言を使えば、法律上本来必要でない特別な責任を執行者に与えることができます。一例として、死後の税務計画の策定、どの資産がどの受益者に行くかの決定、さらにはどのファンドに投資するかの決定を下す責任を課したりもできます。
遺言・信託

遺言執行者の選定

相続の計画には様々な判断が伴います。資産の分配について判断する必要があるのは明らかです。あなた後継人として資産を管理してくれる人または組織、すなわち遺言執行者の選択も重要です。 法律上、以下の責任を果たすために、遺言の執行者の選任が義務付...
遺言・信託

共同所有権と相続プランニング

相続プランについて考えるとき、ほとんどの人は遺書を書けば自分たちの持っている財産をすべて残った親戚や友人に譲ることができると考えています。しかし実際には、いくつかの資産(例えば共同所有資産)は、遺書の対象に入りません。その代わり、共同所有...
遺言・信託

多くの州で認められている永続信託

慈善信託は、ローズ奨学金やピューリッツアー賞信託などのように無期限に存続できますが、個人的な信託、つまり個人の受託者への贈与を行う信託に関しては、従来信託を設立した時点の年齢に21年を加えた期間を超えて存続することが認められていませんでした...
遺言・信託

相続プランを変更するきっかけ

相続プランとは、あなたが旅立った後にその財産をどう扱うかの緻密な計画です。遺産の相続準備には、遺書の作成、信託創設、生命保険の受取人の指名等があります。準備がきちんとできれば、一生懸命働いた財産が自分の望み通りに分配され、確実に愛する人を助...
タイトルとURLをコピーしました