遺言と責任

遺言・信託

遺言を使えば、法律上本来必要でない特別な責任を執行者に与えることができます。一例として、死後の税務計画の策定、どの資産がどの受益者に行くかの決定、さらにはどのファンドに投資するかの決定を下す責任を課したりもできます。

タイトルとURLをコピーしました