ビジネス訴訟

ビジネスマンにとって、法的紛争はスムーズに利益を生み出す企業活動を妨げる障害であり、ストレスのたまるものですが、今日の経済活動においては中々避けられないものです。

当事務所のビジネス訴訟部門では、クライアントへの影響が最小限で済むような方法で問題を解決することを第一の使命としています。担当弁護士は障害を取り除いて問題を解決し、利益の上がるビジネス活動を維持することが、あらゆるビジネスにとって最大の目的であると理解し、この最終目的を達成するために日々の努力を惜しみません。

また当部門の弁護士は、単純な契約履行から複雑な株主派生訴訟及びビジネス上の不法行為にいたるまで、あらゆる問題解決の経験を積んでおり、過去の担当分野は製造物責任、差止命令、特殊な令状、傷害、及び土地利用に関する案件等にも及びます。さらにユタ州内外の州、連邦裁判所における一審及び控訴審での深い経験も有しており、伝統的な訴訟に加えて、調停と仲裁審理にも数多く関わっています。当事務所は、法廷外審理における当事者は全て、法的な手続きがお互いの相違点を公平に解決し、マイナスではなく発展的に解決するように望んでいるということをよく理解した上で業務にあたっております。

ークライアントに寄り添った最善策の提供ー

当部門は、単にアドバイスをするだけでなく、解決するために積極的に自ら働きかける役割を担い、クライアントのビジネス上の状況を深く理解し、発生した問題や潜在的な問題によってどのような影響が及ぶのか予測し、小さな誤解が大きな問題になる前に、迅速で的確な対応を施します。この分野において一番大切なことは、ビジネス訴訟弁護士が相手方と緊密に連絡を取り、自分勝手なエゴが法的な問題解決の妨げにならないようにすることです。当事務所では、所内取引や規制を含む他の法律の専門家とも連携し、問題を全ての角度から分析して、クライアントに最良の結果をもたらすよう努めます。


契約履行

  • 競業禁止契約
  • 予定違約金
  • 家主・借家人

ホワイトカラー犯罪

  • 意図的妨害行為
  • 詐欺
  • 不当競争
  • 営業機密証券
  • 株券訴訟
  • 株主派生訴訟
  • 解散と分割
  • 株式評価
  • 独占禁止

債権者権利保護

  • 敵対的訴訟
  • 判決強制執行
  • 確定取引

製造物責任

  • 医療装置
  • 集団訴訟
  • デザイン上の瑕疵

一審・控訴審審理

  • 裁判外裁定
  • 行政訴訟

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

IT(情報)法

次の記事

刑事訴訟の流れ