訴訟

アメリカは訴訟大国です。社会のあらゆる場面で約100万人もの法律家が働いており、例え一般人でも、訴訟に関しては日本人とは比較にならないほど知識や経験が豊富で、身近なトピックでもあります。こうしたアメリカ社会の中では、身に覚えのない訴え、不合理な損害賠償請求、責任を負うべき相手方による義務の不履行等、法律的な対応無しには解決できない状況に追い込まれる場合があります。日本人の性質として、事を荒立てたくない気持ちから、交渉や裁判の場ですら自らの立場を強く主張できず、思いがけない重大な判決が出されたり、ビジネス上の不利益を被ったりすることもあります。アメリカという多民族国家の中では、自らの権利は自ら努力して獲得しなければならないのです。その過程として裁判制度があり、法律が整備されています。そのような社会で、信頼でき、頼りになる弁護士を選ぶのは、クライアントにとって最初にして最も重要なステップです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です