IT(情報)法

新分野であるインフォメーションテクノロジーへの法律的な対応には、難しい問題がつきものです。

その理由として第一に、1990年代に入ってから急速に広がったIT産業の発達のスピードに対して、関連する法律の整備の進捗は十分ではなく、未成熟な部分も多く存在することが挙げられます。次に、IT分野のビジネス活動はほとんどの場合、一国内に留まらず多くの国々に広がるため、法律問題も複雑化しており、法的リスクを回避する観点からは国際的見地からの検討が必要となることも要因となります。

しかし、国際的なIT法の経験を積んだ弁護士の数は多くないのが現状です。一方MtBookの弁護士には、電気通信を提供する多国籍企業の日本担当法務最高責任者として、ITビジネスに関わる数多くの法律案件に対応してきた豊富な経験があります。当事務所ではこの経験を生かし、個人のインターネット上での取引に関わる問題から、国際的な通信事業に関する法律問題まで、ITに関わる様々な事案に対してアドバイスを行っています。


契約・取引

  • 電子署名
  • ウィルス対策
  • ソフトウェア委託契約
  • ベンダー契約
  • オンライン取引
  • インターネットオークション
  • サイバーモール
  • 使用許諾
  • 電子マネー
  • 国際裁判管轄権問題
  • 準拠法
  • ドメインネーム

プロバイダー

  • VPN
  • 品質保証
  • ハウジングサービス
  • アクセス管理
  • ID・パスワード
  • セキュリティー
  • 犯罪予防責任
  • 捜査機関対応
  • コンプライアンス

規制

  • 放送事業法関連対応
  • 電気通信事業
  • プライバシー
  • 個人情報保護
  • ログ保存
  • 従業員訓練
  • 電子開示
  • 不正競争防止法
  • OECDガイドライン

犯罪

  • ネット取引犯罪
  • 詐欺
  • ファイル交換
  • スパム
  • なりすまし
  • 誹謗中傷
  • 掲示板
  • 詐欺
  • 猥褻

知的財産権

  • コンテンツ保護
  • ビジネス特許

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

ビジネス訴訟