冬の嵐と損害

危機管理・保険

保険情報協会によると、冬の嵐、スノースコールでの損失は、1986年と2005年の間で1年で10億ドル以上になっています。水害と冷害を原因とする請求が全ての住宅所有者保険の請求のおよそ17パーセントを占める一方、風とひょうを原因とする損失が50パーセント近くを占めます。なお水害と冷害による平均損失は、5,095ドルです。

また直近の2021年2月にテキサス州を襲った大寒波では、実に1550億ドルの損失があったといわれています。

タイトルとURLをコピーしました