従軍中の個人情報盗難対策

危機管理・保険

ID詐欺では、詐欺や窃盗のために他人の個人情報が無断使用されます。個人情報詐欺は多くの場合、誰かが他人の社会保障番号を使って、他人名義でクレジットカードの申請をして起こります。犯人はそのクレジットカードで買物をし、支払をせずに被害者の社会的信用を落とします。その結果として被害者はローンの利用、自動車の購入、時には会社採用さえも拒否されかねません。

個人情報の盗難は、特に現役軍人にとって大きな問題となります。そのため公正信用報告法修正条項は、現役兵として召集された場合に、信用調査報告上に特別警告を通知できるようにしています。連邦取引委員会によると、カード会社はその警告があれば、クレジットカード申請にあなたの名義が使われるとき、身元を確認するよう求めることができます。あなたが連絡を取れない状況であれば、警告の記載や削除をできる代理人の選任が法律で認められています。

信用調査報告書に警告を記載するためには、エクイファックス、エクスペリアン、トランスユニオンといった全国的な消費者信用会社3社のうち、いずれかの詐欺防止フリーダイヤルに連絡してください。記載された現役兵士に関する警告は、削除の要請がない限り通常1年間有効です。また兵役期間が長引いても、報告書上に再度警告を記載することができます。

タイトルとURLをコピーしました