レンタカー

契約・売買

春休みには多くの人々が旅行の予定を立てるものですが、レンタカーもその楽しみな計画の一部ですね。そんなとき、レンタカー会社がカウンターでサインするよう求める書類は、法律的な契約であることを忘れていませんか?必ず内容をよく読んで理解してください。その契約書は、レンタカーの基本料金、追加料金、そしてレンタル期間を明確に定めているはずです。

予約さえ取っていれば車両は保証されているのでしょうか?そうとも限りません。まず、有効な運転免許証が必要です。いくつかの州における大手のレンタカー会社は、車をレンタルする人の運転履歴(車両報告)を瞬時に入手できるよう、政府のコンピュータへのアクセス網を持っています。レンタル希望者に記録上多数の違反があれば、契約を拒否することも出来ます。顧客が18歳以上で、大手のクレジットカードを所有していることを条件としている大手のレンタル、リース会社もあれば、25歳以上のクレジットカードの所有者だけを対象としている会社もあります。しかしモーター・クラブや他の団体を通して自分名義の顧客番号か法人口座を持っていれば、年齢制限は免除されるかもしれません。

またレンタカーには様々なルート(職業団体、組合、フリクエント・フライヤー・クラブ等)からのディスカウントがあり、多くの人は正規料金を滅多に払わないことを覚えておいてください。また車を取りに行ったときに、更に良い車にアップグレードする交渉も可能かもしれません。

しかし、レンタカー会社が無料にできるものは、逆に追加料金の対象ともなりえます。追加料金としては、チェックアウトとリターンの場所が異なる際に適用されるドロップオフフィー等があり、このほかにも燃料費、追加走行費、チャイルドシートやスキーラックなどの備品費等があります。

そしてレンタル会社はほぼ間違いなく衝突損害免除オプション(CDW)を勧めてくるでしょう。追加料金を払えば、レンタカー会社がレンタカーへの損害を負担することにできます。しかしその補償には通常、人への傷害や個人的な所有物への損害が含まれていません。このオプションを選ぶ前に、加入している自動車、医療、及びホームオーナー保険にレンタルカー事故に関する補償がないか確認しましょう。(*そういった保険に補償がなければ、CDWの補償よりあなたの保険の免責額が高いとしても、これは標準的な補償のはずだと保険代理業者と交渉して下さい。)アメリカ合衆国外の補償は標準ではありませんが、国外でも適用される保険を提供している可能性もあります。そして車をレンタルする際、カードを利用するとどのような保険がついてくるのか、カード会社に確認してください。
最後にレンタカーを返却する際、傷がないか慎重にチェックして、車を降りる前にレンタル契約書上に全ての傷を記しておきましょう。それでは、よい休暇を!

タイトルとURLをコピーしました