契約書上の仲裁条項

契約・売買

仲裁条項とは、仲裁を通した紛争解決を義務付ける契約書の規定です。クレジットカードや保険証書、銀行ローンの契約に同意したとすると、おそらく仲裁条項にも同意しています。契約書の詳細な規定にはたいてい含まれているのです。

残念ながら、仲裁が必ずしも消費者のためになるとは限りません。消費者団体は、義務的な仲裁が集団訴訟を提起する権利といった、法律制度による保護の回避につながっていると主張しています。さらに、消費者の仲裁への同意が自発的であることは滅多になく、多くの場合無知ゆえに同意しています。これは長い契約書に含まれる義務的な仲裁条項が、法律用語に埋もれてしまっているためです。
もし紛争に巻き込まれ、義務的な仲裁に直面している場合、最善の方法について弁護士に相談しましょう。

タイトルとURLをコピーしました