多くの州で認められている永続信託

遺言・信託

慈善信託は、ローズ奨学金やピューリッツアー賞信託などのように無期限に存続できますが、個人的な信託、つまり個人の受託者への贈与を行う信託に関しては、従来信託を設立した時点の年齢に21年を加えた期間を超えて存続することが認められていませんでした。これは、永久積立禁止則として知られており、信託の寿命をおよそ100年に制限していました。

しかし、そうした仕組みはすでに変わりつつあります。多くの州で無期限とまでいかなくとも、数百年に及ぶ信託を認める法律が制定されているのです。これによって、信託が代々引き継がれたとしても相続税がかかるのを防ぎ、裁判、破産、離婚という名の債権者からお金を守り、何代にもわたり子孫に相続させることができます。

そのような信託があなたの州で利用できるか、弁護士に確かめてみてください。もし禁止されていても、永久積立に対して規制がない別の州に、信託を設定できる可能性があります。

タイトルとURLをコピーしました