家族法

家族法

「同居の法的意義」

結婚せずに大切な人と生活しているのならば、決して一人ではありません。正式な結婚なしの同棲を選ぶカップルの数は増えています。一般的に法律上の「同居」を指す、この生活様式の理由としては、多くの若者たちの遅く結婚したいという気持ち、高い住居費、及...
家族法

「養育権問題」

家族関係が着実に複雑化している今、両親が自らの権利と責任を理解するのは重要です。子供たちが学校から離れる夏、全国の親権を持たない親たちが法律上の養育時間(訪問権と呼ばれます。)を取るようになると、養育契約が多くの人たちの関心の的になります。...
家族法

「婚前契約」

結婚式とは、伝統的に家族、儀礼、そして慶賀です。この伝統をまもるために、多くのカップルは、この大事な日の前に金銭問題をはっきりさせようとしています。時々、結婚を考えているカップルのどちらか(又は両方)は、離婚の際、資産、収入、または家族のビ...
家族法

「結婚と法律」

結婚により、あなたは一人の人に誓いを立てます。ただ、その誓いのほかに、実は新たに多くの法律上の権利と責任も、受け入れているのです。数え切れないほどの権利と義務が、新郎新婦に自動的についてきます。結婚は2人の間の個人的な結びつきです、しかし、...
家族法

「内縁関係と同性結婚」

正式に結婚していないならば、結婚している人と同じ権利を確保するために、膨大な書類(遺言から医療のための委任状まで)を作成しなければなりません。さらに、配偶者を通して認められている公的扶助のように、結婚している夫婦に認められて、どれほど長く一...
家族法

「熟年離婚」

結婚していた期間が5年であろうと50年であろうと、離婚の決心は、人生で一番重要な決定かもしれません。年齢に関係なく、いくつもの感情的、財政的、法律的な問題を解決しなければなりません。 しかし、あなたが熟年ならば、さらに難しい問題がいくつ...
タイトルとURLをコピーしました