MtBook US Leagal Services/在米日系企業・在留邦人のためのリーガルサービス

TOPICS

2007.06.28

<バベルTheLegalComm>
2007年5月号The LegalCommに「パラリーガルの仕事(米国)」の原稿が掲載されました。

『パラリーガルの仕事(米国)』
カートン&マッコンキー総合法律事務所(Utah, USA)
米国弁護士山本寿賀, J.D., M.B.A.

ブリガムヤング大学JD/MBA取得。商社法務室長、版権管理会社取締役、電気通信会社法務部長を経て、カートン&マッコンキー総合法律事務所日系企業グループリーダー。米国弁護士

==============
パラリーガルとは、企業の法務部、政府機関の法律業務担当部署、法律事務所等において、法律上定められたライセンスを有する法律専門家(弁護士、裁判官、又は検事等)の監督の下で法律業務を担う人を言います。パラリーガルの資格は、アメリカ合衆国においてもいくつか提供されており、今後一般的になっていく可能性はありますが、現時点では資格なしでもパラリーガルになれます。実際、今働いている多くのパラリーガルは資格を持たない人たちです。また、パラリーガルの働く職場は、法律事務所の中でもビジネスが拡大している場合が多く、恵まれた環境で働けます。本稿では、まず法律事務所内でのパラリーガルの位置づけを考え、その後パラリーガルが多く活躍する部署の仕事内容及び将来性を解説していきます。

  1. 法律事務所でのパラリーガルの仕事内容の位置づけ
    組織を立ち上げるときには、仕事と人材のバランスを取りながら、育てていかなければなりません。法律事務所についても、この原則が適用できます。それでは、新しい事務所の立ち上げを例にパラリーガルの位置づけ考えましょう。まず、開業してクライアントが増えてくると秘書、受付、経理、IT等の業務担当を順次雇い入れます。拡大のスピードとスタッフの数のバランスを取りながら、法律業務に直接関係のない部分をスタッフに委任し、弁護士は監督責任を負います。継続的な仕事の増加につれて、弁護士の数も次第に増えます。拡大する法律業務の効率化を図るために、パラリーガルの採用は通常この段階で行われ、パラリーガルは様々な法律業務を担当します。但し、パラリーガルは、弁護士だけしか行えない業務、例えば、法廷での弁論、クライアントの代理、法律的アドバイス等は行いません。従って、パラリーガルの業務範囲とは、法律事務所の全ての業務から、法律に直接関係のない事務と弁護士だけしか出来ない業務を除く全てが対象となります。もちろん、全てのパラリーガルが、可能な範囲の業務を何でも担当するのではなく、個々のパラリーガルの能力と所属部署の状況によって、業務内容は異なります。
  2. パラリーガルの業務
    法律事務所内でのパラリーガルの位置づけがわかったところで、次に、パラリーガルが多く活躍している特許・商標、移民法、国際法務などの部署における具体的な業務を説明します。

    特許・商標
    特許・商標部門では、特許(前例検索、利用権検索、特許登録等)、商標(前例検索、商標登録、不正使用監査、インターネットモニタリング、異議申し立て、無効申請等)、著作権(著作権調査、著作権登録、インターネットモニタリング等)、戦略立案(IP保護戦略、違反モニタリング、違反行為回避等)、ライセンス(契約交渉、ライセンス文書立案等)、知的財産権訴訟(州・連邦裁判所における侵害行為訴訟及び不当競争訴訟等)を含む様々な業務を担当します。特許・商標を扱う弁護士は、長年の経験や新しい事例に関するリサーチに基づいて、申請対象の特許・商標が承認されるように工夫して説得力のある文書に仕上げたり、知的財産権の保護に関わる戦略を練り上げて実行したり、様々な訴訟の対応をします。パラリーガルは、申請書類の作成、関連資料の翻訳、裁判資料の作成、手続上の必要事項の確認、クライアントとの連絡などを担当し、弁護士とコミュニケーションを取りながら業務を進めていきます。パラリーガルの業務は、秘書が担当する業務よりも専門的であり、法律的な知識と正確な文書作成能力が求められます。

    移民法
    移民法部門では、家族移民、雇用移民、非移民ビザ、行政及び司法審査、帰化・市民権関連の案件を扱います。本分野の特徴としては、法令の改変のスピードが速く、クライアントのほとんどは外国人であり、多くの定型的な申請書類が作成される点です。移民法のみを扱う法律事務所や大規模事務所の移民法部門では、通常何人ものパラリーガルが、書類作成、クライアントとの連絡業務、プロジェクト管理、翻訳等のために働いています。また、パラリーガルは、それぞれの法律事務所の主たるクライアントの母国語に堪能であることが求められます。さらに、移民法関連の申請文書に関わる様々な規則や手続きに関する最新の情報を熟知し、迅速かつ正確に手続きが進むように心がけなければなりません。この分野のパラリーガルは、多くの国々のクライアントとコミュニケーションを取る機会が多く、毎日のように色々な人と出会う楽しみがあります。

    国際法
    国際法部門では、M&A、会社設立、国際税務、免許の申請・取得、不動産契約、国際建築契約、国際ファイナンス取引、雇用・労働法、国際紛争、国際売買契約等を含む広範囲な業務が対象になります。この部門に関しては、特許・商標及び移民法と違い定型的な法律文書作成業務の比率が下がり、ダイナミックで大規模な業務の比率が上昇します。より広範囲な分野の業務を、より多様なクライアントに提供するのです。パラリーガルとしても、翻訳、リサーチ、資料作成、クライアントとの連絡、クライアントの文化・習慣を担当弁護士に理解させる等の多種多様な役割を担います。大規模な事務所であっても、必ずしも全ての弁護士が海外のクライアントの言語に通じているのではなく、外国語に堪能なパラリーガルは、弁護士からもクライアントからも頼りにされます。
  3. パラリーガルの将来性
    情報技術が驚くような速度で発達し、法律の世界でも国際化が進む現在、パラリーガルの仕事についても国際的な分野での活躍の場が広がっています。特に、米国には、世界中からビジネス及び人材が集まっており、パラリーガルの仕事も、伝統的な弁護士業務の補助といった役割から、国際的な橋渡しをする役割へと変化しています。その流れの中で、複数の国の言葉・習慣・文化を理解しながら業務を遂行できるパラリーガルの需要は高く、能力次第で重要な業務を多く任されるやりがいのあるキャリアと言えるでしょう。
2007.01.11

2007年版「海外赴任ガイド」中の「知っておくと便利な団体」に当事務所の「インターナショナル・リーガル・サービス」掲載予定。(掲載内容はこちらで参照できます。)

2007.01.11

<バベルTheLegalComm>
2007年1月号The Legal.Commで事務所紹介とパラリーガルについての原稿が紹介されました。

『International Paralegal―こんな人材求む』
カートン&マッコンキー総合法律事務所(Utah, USA)
米国弁護士山本寿賀, J.D., M.B.A.

ブリガムヤング大学JD/MBA取得。商社法務室長、版権管理会社取締役、電気通信会社法務部長を経て、カートン&マッコンキー総合法律事務所日系企業グループリーダー。米国弁護士

==============
パラリーガルは、弁護士と共に法律業務を担当しますので、パラリーガルの良し悪しによって、弁護士業務の効率が大きく左右されます。優秀なパラリーガルは、弁護士から厚い信頼を受けます。本稿では、インターナショナルパラリーガルに求められる主な4つの資質を説明します。

  1. 手続法のエキスパートになる
    パラリーガルに一番大切な法律上の資質は、手続法の熟知ではないでしょうか。法律は、大きく分けて実体法(法律の原則に関する部分)と手続法(法律の手続きに関する部分)があります。例えば、日本人にもなじみのある米国の移民法について考えましょう。ある依頼人が、(ここでは、Aさんとしましょう)米国現地法人で1年間技術者として働くために必要なビザの申請を依頼しました。弁護士は、米国移民法の原則に従いAさんに最適のビザを見つけ、前例を考慮しながらビザの関連書類等をドラフトしますので、法律原則に関する判断をしています。これが、実体法の仕事です。一方、パラリーガルは弁護士の指示に基づいて、米国移民局指定の書面にAさんや雇用主の情報を必要なルールに従って記入し、Aさんの写真が条件を満たしているかをチェックし、さらに、パスポート等の確認をします。すなわち、手続法上の仕事をしています。作成された書類は弁護士のレビューを経て、最終的には弁護士が責任を持ちますが、パラリーガルが手続き上の業務を上手くやればやるほど、弁護士の負担を軽くできるのです。
  2. 英語のエキスパートになる。
    インターナショナルパラリーガルに必須な条件は英語です。いかに英語を上手く使いこなせるかが、パラリーガルの価値を決定するといっても過言ではありません。ビジネスに必要なコミュニケーションを誰の助けもなくできれば、インターナショナルパラリーガルとしては十分です。例えば、ライティングで言えば、ビジネスレターを問題なく作成できる程度でしょう。難しいように聞こえますが、実はビジネスレターは、一定のパターンがありますので繰り返し作成していれば、かなりのレベルまで能力を高められます。さらに、行間にニュアンスを出せるようになれば素晴しいでしょう。私もよくクライアント、交渉の相手方、他の弁護士などへの手紙のドラフトを依頼する際に、これは少し柔らかいニュアンスでとか、内容は端的にかつ表現は丁寧になどと自分でも出来ないような注文をつけます。そのあたりを上手く理解しレター作成をできれば合格点です。
  3. 文化・習慣のエキスパートになる
    インターナショナルパラリーガルは、国際弁護士を担当しますので、海外とのやりとりが多くなります。文化・習慣の違いによって、国ごとに仕事の仕方が大きく変わります。そういった違いが、交渉時の感情のもつれなどに発展しないとも限りません。正確に違いを理解して仕事をうまく進めるのが、成功の秘訣ともいえます。例えば、アフリカ諸国の弁護士との交渉の場面で、こちら側の都合で今週中(金曜日)には是非回答を下さいというのは問題があります。というのは、多くのアフリカ諸国では、金曜日は休日となっており、その日に期限を切って依頼するのは現実的ではありません。しかし、日曜日は平常通りに働きますので、日曜日までと依頼しておけば、こちらの仕事も週明け早々に取り掛かれるのでお互いに好都合です。最近案件が増えている、中国、インド、東欧、ロシアもそれぞれに特色がありますので、それらの国々の文化・習慣に慣れておくのも良いでしょう。
  4. 気配りのエキスパートになる
    パラリーガルは、常に人を対象に仕事をしています。従って、どんなに@からBまでの能力が卓越していても、対人関係が上手く出来なければ、最終的に合格とはいえません。これは、どのような仕事においても、立場や責任に関係なく真実です。例えば、クライアントからの電話が急に入ったとしましょう。弁護士への連絡は、通常困った問題がおきている場合が多いものです。しかし、アポなしの場合、弁護士がつかまるとは限りません。何度も緊急の要件で電話をしても、「伝えておきます。」とか「現在会議中です。」だけでは何の助けにもなりません。そんなときに、クライアントの立場に立って対応できるかがポイントになります。例えば、「本日、弁護士の○○は終日外出しておりますが、必ず○時までに連絡させるように致します。」とか、「今、会議中ですが、本人と連絡を取りますので、少々お待ち下さい。」等、クライアントの心中を察し、便宜を図れるようになれば、クライアントに喜ばれ、時には「是非このパラリーガルに担当をお願いします。」と言われたりもします。ここまでくれば、パラリーガル免許皆伝といえるでしょう。
いろいろと書き綴ってきましたが、本当に大切なのは仕事をエンジョイできるかどうかです。エンジョイできれば、必要な技術や知識も苦労を感じずに自然と身についていきます。皆さんもエンジョイしながらインターナショナルパラリーガルに挑戦してはどうでしょうか。
2006.11.01

<UJPNews>
2006年11月1日付け企業概況ニュース(UJPNEWS)に「ズーム・インLawyer」として紹介されました。

11月号 ズーム・イン!ロイヤー

Kirton & McConkie, A Professional Corporation

山本寿賀 弁護士  世界のクライアントからグローバルに法務依頼

過去の経験を現職に生かす――法律とビジネスで多角的アドバイス

グローバルに弁護依頼を受ける「カートン&マッコンキー総合法律事務所」。世界各国で最低2年間の居住経験のある弁護士陣を多数擁しており、現在23ヵ国語で法務を提供している。国際的な活動に伴う法律業務を主な分野としているが、今日では特許法及び移民法にも力を入れている。

同事務所で法律及びビジネスの専門知識を生かして、個人や企業の問題解決と事業発展に日夜奔走するのが山本寿賀氏だ。会社設立や用地確保、雇用問題、特許・商標といった日系企業の企業活動に伴う法律業務や、ビザ、税法など在留邦人への法務を専門とし、アドバイスから訴訟まで総合的に提供している。

商社の法務部長の経験を持つ同氏。当時かかわった案件の多くが、経営、会計、税務など多岐にわたった専門知識を要していたことから、今でも対象となる問題をさまざまな見地から捕らえることに留意している。またMBAも取得しており、経営的なセンスを大切にするのに役立っていると言う。ユタ州法曹協会の日本法に関するセミナーや、日本企業の法務担当者に向けたセミナー・シリーズなどでも活躍。学術論文を始めとする寄稿、無料の季刊法律情報誌の発行なども行っている。

1980年代に、日本の企業に勤める知人が工場設立のために米国へ赴任し、苦労している姿を目にしたことが米国で弁護士を志すきっかけとなった。「法律サイドで、在米日系企業と在留日本人のお手伝いができればと思ったんです」と話す。常に心掛けていることは、「問題を現実的に解決、または予防するアドバイス」「依頼案件への迅速な対応」「日本語での廉価な法務の提供と経費の明確化」の3点だ。弁護士選びのポイントを問うと「実際、良い弁護士を見付けるのは簡単ではありません。最終的には人物次第だと思っています」と答えた。多くのクライアントを抱え、多忙の日々を送る同氏のその言葉には、力強い説得力があった。

PageTop